矯正治療ブログBlog

矯正治療と金属アレルギーの関係性とその対応とは?

カテゴリー :

基本的にワイヤー矯正で使われる金属はアレルギーになりにくい物を使われており、アレルギーになる可能性は低いと考えられております。

金属アレルギーと思われる方は、皮膚科でパッチテスト(使われる金属を小さく切って皮膚に一定期間貼り症状がでるか確認するテスト)で確かめる必要があります。

当医院では、金属アレルギーの方には、ワイヤー矯正でなくマウスピース矯正をお勧めしております。最近はブラケット(歯に付ける器具)もセラミックやプラステック製があり、ワイヤーのも表側に白いコーティングがしているものもあるので一概にワイヤー矯正が絶対出来ないとは限りませんが、出来るだけ金属製品をお口の中に入れたくないと思うのでマウスピース矯正が一番だと思います。

マウスピース矯正はマウスピース素材はもちろんアタッチメント(歯に動かしやすいように付ける突起物)もコンポジットレジンという虫歯で歯に詰める素材を使いますので金属の物は使わなく矯正治療をすることが出来ます。

矯正後の保定装置(矯正後歯が後戻りしないようにする装置)も金属製でない透明マウスピース型の物もありますのでご相談ください。

ACCESS / SCHEDULE アクセス・診療スケジュール ACCESS / SCHEDULE アクセス・診療スケジュール

いとう歯科ティースエクセレントクリニック
〒430-0947 静岡県浜松市中区松城町211-3
TEL 053-415-8888

 
9:00 - 13:00              
15:00 - 19:00              

:18時までの診療 【休診日】水・日・祝
※祝日のある週の水曜日は診療日となります

Google MAPで見る
タップで電話がかかります 053-415-8888 お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • 矯正治療例