矯正治療ブログBlog

小学生の受け口 パート2

カテゴリー :

これからご紹介する症例は小学生のお子さんがお母さんと一緒に無料相談にお越しになってその後当医院で治療することになった方です。

かなりの下顎前突(受け口)で横からのお顔は上顎と下顎の大きさが違っていました。下顎の成長しやすい方は前歯の噛み合わせが反対になると下顎が成長しやすくなるので早めに対応する事が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上顎が劣成長(上あごの成長が少ない)、下顎が過成長(下あごの成長が大きい)ため、上記のような顔貌になっています。小学生の時期であれば上顎骨を横と前に成長させることで改善できます。

 

 

 

 

 

 

 

まず、下顎から横に拡げていきます。

 

 

 

 

 

 

 

次に上顎を横に拡げながらフェイスマスク(下記の写真の装置)で前下方に引っ張り成長を促していきます。

 

 

 

 

 

 

 

上下の前歯の被蓋(かみ合わせの深さ)が大きいのでマウスピースを装着してもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

6か月後の口腔内写真と顔貌です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下記の治療前の顔貌と著しい改善が認められます。

 

 

 

 

 

 

 

このお子さんは現在2次矯正で全顎ワイヤー矯正で歯並びの治療中です。治療後に記事を追加していきます。下顎前突(受け口)の治療は早ければ早いほど簡単な治療で改善される可能性があります。

どうぞ当医院にご相談ください。

ACCESS / SCHEDULE アクセス・診療スケジュール ACCESS / SCHEDULE アクセス・診療スケジュール

いとう歯科矯正歯科ティースエクセレントクリニック
〒430-0947 静岡県浜松市中区松城町211-3
TEL 053-415-8888

 
9:00 - 13:00              
15:00 - 19:00              

:18時までの診療 【休診日】水・日・祝
※祝日のある週の水曜日は診療日となります

Google MAPで見る
タップで電話がかかります 053-415-8888 お問い合わせ スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • 矯正治療例