子どもの矯正Correction of the child

成長期だからこそできる
矯正治療があります

矯正治療は大人になってからでももちろんできますが、子どもの頃に行う方がより良い治療効果を得られます。成長期の子どもは骨が柔らかく、狙った方向に顎の成長を誘導できる、歯を動かしやすいといったメリットがあります。症状によっては短い期間、少ない費用での治療も可能で、大きな力を加えずに無理なく矯正治療を行うことができるため、当院では子どものうちに矯正を始めることをおすすめしています。

限られた期間だからこそできる矯正治療は大変魅力的と考えています。成長期のこの時期こそ、乱れた歯並びや噛み合わせを正しい状態へ導いてあげましょう。丁寧なカウンセリングを行いますので、是非一度ご相談ください。

お子様にこのような症状はありませんか?

  • 猫背で姿勢が悪い
  • 音をたてながら食事する
  • いつも口をぽかんと開けている
  • 風邪をひきやすく扁桃腺が腫れる
  • 寝起きが悪く、日中でもぼーっとしている
  • 就寝中はいびきをかいている

もし当てはまる項目が多ければ、お子様は口呼吸かもしれません。
今後の成長に影響を及ぼすことが多いので、矯正治療で改善しましょう。

小児矯正のメリット

  • 顎の骨の成長を正しい方向に促せる
  • 磨き残しが減り、虫歯の予防につながる
  • 将来抜歯をするリスクを軽減できる
  • 二次矯正が不要になる可能性が高くなる
    (必要な場合でも、短期間で良好な結果を得られる)
  • コンプレックスを解消し、心から笑顔になれる

当院の小児矯正に対する思い

小児矯正を始める上で最適とされている時期は、小学2年生と5年生です。顎の成長時期は実は上下で差があり、上顎は10歳あたりで成長が終わり、下顎は20歳あたりまで成長します。だいたい小学2年生くらいになると下顎の前歯4本が永久歯に生え変わり始めますが、ここが一次矯正を開始するタイミングの目安となります。犬歯が乳歯のうちに顎の幅を拡げておくことで永久歯がきれいに並び、二次矯正ではスムーズな治療が可能となります。

また、小学5年生くらいになると、全ての永久歯が生え揃いますので、ここからは二次矯正(本格的な矯正治療)に移行します。症状によっては早期に矯正を開始すべきケースもありますので、もしお子さまの歯並びや噛み合わせで少しでも気になることがございましたら、是非当院へお早めにお越し下さい。ご相談の上、最適な方法で治療を行い、お子さまの健全な成長をサポートします。

子どものうちに矯正をはじめましょう!

小学生のころから矯正を始めることで、子ども特有の成長期を計画的に利用し、歯だけでなく、お口元を含めたお顔全体の美しさを実現することができます。
鼻の先端から顎の先を結んだ線をEラインと言い、Eラインより唇が前に突出しない状態が美しい、と言われています。歯を理想的な位置に移動することができると、顔の筋肉がそれに合わせて動いてくるため、美しい横顔を手に入れることができます。

当院で使用する矯正装置

当院では歯列や噛み合わせ、顎の骨の状態に合わせた適切な治療ができるように、様々な矯正装置をご用意しております。
以下はその一例で、不正咬合のタイプや上顎・下顎どちらの矯正を行うのかによって使い分けます。

下顎の永久歯が生えるスペースを確保するための装置 / バイヘリックス

バイへリックスはクワッドへリックスと同様に歯列幅を拡げるための装置ですが、こちらは下顎に使用します。「バイ」は2つという意味で、ヘリカルループと呼ばれるワイヤーが2本であることがクワッドへリックスとの違いです。クワッドへリックスよりは力が弱くなるものの、お口の中でかさばったり、舌に当たったりしにくいといった利点があります。

詳しくはこちら詳しくはこちら

上顎の永久歯が生えるスペースを確保するための装置 / クワッドヘリックス

上顎の歯列幅を拡大する際に使用する装置です。昔に比べて顎が小さい子どもは多くなってきており、永久歯が生えるスペースが不足していると、歯が重なって生えたり、おかしな位置から生えてきたりします。「クワッド」は4つ、「ヘリックス」はらせんという意味で、4つのらせんがあることからこの名前が付けられています。

クワッドへリックスによる矯正治療では、バンドを臼歯にかけて、ワイヤー部分が歯の裏側でバネのような働きをすることで、内側から外側へと押し出す力が加わります。この力で、歯を正常な位置に動かします。

詳しくはこちら詳しくはこちら

短期間で上顎の骨のつなぎ目を拡大する装置 / 急速拡大装置

その名の通り、急速拡大装置は1ヶ月という短い期間で、上顎の骨のつなぎ目を拡大する装置です。装置についている調節ネジを巻くことで、装置が真ん中で開きます。その力が骨に伝わり、上顎の成長を促進させます。

歯列を押し継げるのは床矯正装置と同じですが、床矯正装置は一週間に数回巻くのに対し、急速拡大装置は1日1回と、ハイペースで巻くのが特徴です。まだ上顎骨が完全に癒着していない20歳あたりまでであれば効果を期待できます。

詳しくはこちら詳しくはこちら

出っ歯(上顎前突)を改善する装置 / ハーブスト

下顎の骨の成長が足りないことで生じる出っ歯に適応する装置です。固定式のため、継続的に下顎に対してアプローチすることができます。上下顎固定装置を使って、シリンダーやバネで下顎を前方に移動させます。咬み合わせが改善することで、咀嚼筋の活動も活発になります。思春期以降でもある程度適応するケースがあります。

詳しくはこちら詳しくはこちら

後ろにずれている下顎を前方に移動させる装置 / ツインフォース

ツインフォースは不正咬合治療のための、スプリングを使った矯正治療方法です。チタン製の器具で、ワイヤーを連結します。
持続的な力で矯正を進めることが可能です。装置は目立つと思われるかもしれませんが、装着後口を閉じても外側に膨らまない構造になっており、患者様の違和感も軽減されています。

詳しくはこちら詳しくはこちら

受け口(下顎前突)を改善する装置 / フェイスマスク

上顎を前方に牽引(けんいん)し、上顎の前方への成長を促進するための装置で、主に受け口の患者様に使用します。顎の成長に作用しますので成長期前の患者様に特に効果的であり、顎の成長をコントロールし、受け口を改善します。装置が大きく、装着時の見た目が気になる方もいるかもしれませんが、取り外し可能なものです。基本的に在宅時、1日10時間を目安に就寝前後で使用していただきます。受け口でお悩みの方、コンプレックスをお持ちの方は是非ご相談ください。

詳しくはこちら詳しくはこちら

ACCESS / SCHEDULE アクセス・診療スケジュール ACCESS / SCHEDULE アクセス・診療スケジュール

いとう歯科ティースエクセレントクリニック
〒430-0947 静岡県浜松市中区松城町211-3
TEL 053-415-8888

 
9:00 - 13:00              
15:00 - 19:00              

:18時までの診療 【休診日】水・日・祝
※祝日のある週の水曜日は診療日となります

Google MAPで見る
タップで電話がかかります 053-415-8888 お問い合わせ スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • 矯正治療例