矯正治療ブログBlog

乳歯から永久歯に生え変わりのタイミングで歯並びは良くなるのか?

カテゴリー :

下顎に関しては前歯の部分で永久歯に生え変わる時期は小学校1~2年生の頃です。下顎の前歯のスペースはその頃までに決まります。よって下の前歯4本が重なっていたらその部分の骨の発育は見込まれないので歯並びの改善は自然には見込めません。

上下の奥歯に関してはリーウェースペースという第一乳臼歯と第二乳臼歯の幅の合計がそのあと生えてくる第一小臼歯と第二小臼歯の幅の合計の方が小さいことを利用したスペースがあります。そのリーウェーイスペースを使って歯並びが良くなる可能性は出てきます。しかしそのスペースは2~3mm程です。したがって自然によくなるのを期待するほどではありません。

よって永久歯が生えるスペースが足りない場合は、下顎はバイヘリックス上顎は急速拡大装置かクワウドヘリックスの装置で側方拡大(顎を横に広げる)する必要があります。

ACCESS / SCHEDULE アクセス・診療スケジュール ACCESS / SCHEDULE アクセス・診療スケジュール

いとう歯科ティースエクセレントクリニック
〒430-0947 静岡県浜松市中区松城町211-3
TEL 053-415-8888

 
9:00 - 13:00              
15:00 - 19:00              

:18時までの診療 【休診日】水・日・祝
※祝日のある週の水曜日は診療日となります

Google MAPで見る
タップで電話がかかります 053-415-8888 お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • 矯正治療例