矯正治療ブログBlog

矯正後に後戻りする可能性は?

カテゴリー :

矯正で歯を動かすとその後に元に戻ろうとする力が歯にかかるようになります。特に捻転(歯が回転している状態)は後戻りしやすいと言われています。

そのため当医院ではオーバーコレクションという方法を使います。これは過度矯正と言われるもので、後戻りするのを計算して少しオーバー目に歯を動かす方法です。

また一般的には保定(リテーナ)を付けます。保定とは、矯正で動かした歯が後戻りしないように装置や器具で歯を一定期間固定する事です。

保定装置として歯の裏側に細いワイヤーを貼り付けることで歯を固定して動かないようにする方法があります

またホーレーという可徹式(取り外しできる)装置や、透明なマウスピース式のリテーナもあります。その方に合った物をご提案しています。

保定期間はおおよそ3年間です。最低でもこの期間はつけておく事をお勧めしております。

いずれにしても人工的な器具による保定には限界があります。永久的な保定(自然保定)としてしっかり上下の歯がかみ合っている必要があります。上下の歯は1対2でかみ合っているのが普通でつまり一本の歯に2本の歯がかみ合っていることで歯車がかみ合った様にしっかり咬合することで歯がずれない様にしているのです。

前歯に関しては舌と口唇の力の釣り合った場所(ニュートラルゾーン)に並ぶと言われているので、元々前歯が前に出ていた方は舌圧が強く口唇圧が小さいのが原因ですので、矯正中に口唇圧を高める運動をすることをお願いしています。また下の口唇を前歯で咬む癖がある場合は上の前歯のみが前に出てしまうことがあります。当医院ではそのような癖を改善していくようトレーニング指導しています。

ACCESS / SCHEDULE アクセス・診療スケジュール ACCESS / SCHEDULE アクセス・診療スケジュール

いとう歯科矯正歯科ティースエクセレントクリニック
〒430-0947 静岡県浜松市中区松城町211-3
TEL 053-415-8888

 
9:00 - 13:00              
15:00 - 19:00              

:18時までの診療 【休診日】水・日・祝
※祝日のある週の水曜日は診療日となります

Google MAPで見る
タップで電話がかかります 053-415-8888 お問い合わせ スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • 矯正治療例